受 付

☆下から好きな記事をお読みください☆












技術評論社 伊藤 淳一 著 『プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで』の紹介

久しぶりの更新です!

今回はプログラミング言語Rubyの書籍の紹介です。

 

技術評論社 伊藤 淳一 著
プロを目指す人のためのRuby入門
言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで
』です。


サクランボが描かれているのが目印です。

 

 

 

前の記事でもRubyの書籍を紹介しましたが、

 

taroya6.hatenablog.com

 

 

今回はそれよりも詳しく書かれているものです。入門と書いてありますけど、本格的に勉強したい方向けです。


プログラミング言語未経験の方は
前に紹介したものやほかの入門書の次に利用するのがおすすめです。

 

構成として、基礎、配列、繰り返し、ハッシュ、シンボル、正規表現、クラス、モジュール、例外処理、yieldとProc、デバッグ技法、その他という風になっていて、章で分かれています。

どの章でも詳しく優しく丁寧に解説してあるのでRubyを経験している方にとってはさらにわかりやすいと思います。

中級者、上級者へのステップアップに役に立ちます。ある意味プロ向けでもあると思います。インターネットでのサポートページや本に載っているサンプルコードもあります。
章の途中に例題があります。その代わり、章末問題はありません。ただ、章のまとめはあります。もちろん、例題の前にプログラミングコードの説明、知識などは書かれています。高度なテクニックも載っていて良いです。
(字は普通か少し小さいかと思います。大きくはないです。普通の本です。)

Ruby on Railsの本ではないことも注意してください。
Rubyだけの本です。Ruby on Railsはやったことはありませんが、その前にRubyをやるといいみたいですね。

未経験な方が始めるならば、違う入門書を勉強した後に、この本を勉強してRuby on Railsに進むといいです。